審査に通るのであれば銀行のカードローン利用が優れている

メニュー

サブメニュー

銀行の低金利カードローンの魅力

カードローンは銀行での借り入れが人気となってきており、金利や限度額が消費者金融よりも優れていることで好条件で借りたい方を中心に利用者が拡大しています。信頼性や安心感の面でも銀行は優れているので、はじめて借りる方にも銀行カードローンは注目となります。

 

低金利で借りられるということはそれだけ審査も厳しくなりますが、審査に通過ができれば借りるには安心となるのが銀行なのです。急な出費時にも対応ができるようにと最短即日融資も可能となる銀行カードローンも増えてきているので、カードローンを考える際には消費者金融だけを見るのではなく、銀行との比較検討もしておくと良いでしょう。

 

借り入れが増えてしまった方にも

銀行のカードローンは借り入れが多くなってしまった方にも、返済の負担を軽くするための頼れる借り入れ先となっています。複数の借り入れを抱えてしまっている方は低金利の銀行カードローンでのおまとめローンの利用で今後の返済が楽になる可能性があるので、月々の返済も最終的な支払い総額も軽減ができるようになります。

 

おまとめローンは専用のローンを使う場合と、カードローンを使う場合とがあり、どちらも借り入れを一本化するといった面であれば同じこととなります。条件としても専用ローンもカードローンでのおまとめも大きくは変わらないので、利便性なども含めて考えてみると良いでしょう。

 

 

便利なのはカードローンでのおまとめ

おまとめローンを便利に利用したいと考えるなら、カードローンでのおまとめが良いです。専用のローンでは借りたっきりであとは返済を進めていくだけが基本となりますが、カードローンであれば限度額内での繰り返しの借り入れも利用ができるため、おまとめ後であっても返済をした分は再び借りられる場合があります。

 

だからと言って返しては借りるを繰り返していると返済がいつまで経っても終わりませんが、しっかりと利用や返済の計画を持って借りるのであれば、カードローンは専用ローンでのおまとめローン利用に比べると大幅に便利となるのです。

 

カードがあれば手軽に返済が行えるのも大きな利点で、ネットワークが広い有名銀行での借り入れなら多くのATMでカードが使えるために困ったときにも助かります。金融機関やコンビニのATMなど、提携ATMであれば利用手数料がいつでも無料となるような銀行もあるため、ATM手数料がかからないところからのカードローン利用であればおまとめとしてだけに限らず、とにかく便利で安心の借り入れや返済が行えます。

 

提携ATMなら手数料がかからず、且つおまとめにも向くカードローンとなると選択肢は狭まりますが、人気のところを挙げるとすればおまとめができるオリックス銀行カードローンとなるでしょう。来店不要で契約まで進められる手軽さもあるので、複数借り入れを抱えてしまって返済が負担になっていると感じる方は、オリックス銀行カードローンでの一本化を検討してください。

 

借り換えとしても使いやすい

銀行のカードローンは多くの借り入れをまとめるおまとめローンとしての利用だけでなく、高金利からの借り換えとしての借り換えローンの利用先にも適します。特に金利差が大きい低金利カードローンの利用ができるようであれば、今の借り入れ先との返済負担の差は非常に大きくなります。

 

高い金利で借りていれば単純にそれだけ金利負担が大きくなり、最終的な利息総額も膨れ上がります。気が付けば借り入れた金額と同じぐらいの利息を払っているなどのケースもあるため、無駄な利息負担を増やさないためにも金利を抑えたカードローン利用ができるようにしておくべきです。

 

借り換えとしての利用先もおまとめ時と同様に適するカードローンを選ぶ必要があり、上にも挙げたオリックス銀行カードローンも借り換えにも向いています。借り換えの人気ローンとしてもメガバンクよりもオリックス銀行カードローンが上位となっていることもあるほどで、金利面の負担だけでなく利便性でも選ばれているのが分かります。

 

適用される金利で比較する

借り換えとして銀行のカードローンを利用する場合に限らずですが、銀行のカードローンは適用されうる金利での比較が重要となります。全体としての金利を見ると下限と上限で大きな開きが生じてしまっていますが、銀行の多くは限度額によって適用される金利がそれぞれ決まっているため、対応する金利帯を見ないと正確な適用されうる金利が分からなくなってしまうのです。

 

借り換えに向く人気のオリックス銀行カードローンにしても同様で、全体としての金利は上限で年17.8%と高く感じますが、限度額が大きくなると金利は低くなります。まとまった金額での借り入れが行えるのであれば返済の負担も軽くなるため、借りる金額、希望する限度額に対応した金利で見ておかないと失敗をしてしまう可能性があるのです。

 

消費者金融の場合であれば単純に上限金利を見ておけば良いのですが、銀行の場合には上限金利を見るとしても借りる予定の限度額に対応した水準を確認しなければならないため、その部分だけは注意が必要です。